埼玉県東松山市の伊田テクノス|ひたすらの家スタッフブログ

  • 伊田テクノスについて
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

0120-401-291 【営業時間】8:30〜17:30

「見える!液状化!!」

今日は久喜市内にて完成見学会を開催しました。

久喜市は、昨年の東日本大震災での埼玉県内唯一「被災地指定」された市町村です。

そんなこともあってわが社の地盤のプロ「基礎技術本部」の方に見学会のお手伝いをいただき、

なんと! TVで繰り返し放送された地盤の「液状化」のデモンストレーションをする、お手製装置を

持参いただきました。 私ももちろん見させもらいましたが、これがすごい!!

誰が見ても、理屈抜きで、一発で「液状化」がわかる(=見える)のです。

あまりに感動したので、写真を撮影し「製作者」の宮下氏に断りブログに載せさせていただきます。

 

     「装置全体」:右横からバイブレーターを差し込み、「地震」を起こします。

     家(赤色)・電柱(家の左の銀色ボルト)・マンホール(緑色。見えない。)をセット

                              ↓

P1010833.JPG   「地震前」:家も電柱も真っ直ぐ立ってます。 マンホールは家の左辺りの地中に埋めました。

                             ↓

P1010837.JPG ( 「地震発生!」:バイブレーターのスイッチON!) 

 「地震後」:地中の水が地表面に溢れ出し家も電柱も傾き、マンホールは地表に姿を現しました。

                              ↓         

P1010838.JPG 「地盤改良」:写真に取り忘れましたが、シャベルの上にある四角いモノが改良体です。 

         改良体を地中に埋めて同様に地震を起こしても家はまったく傾きません!

 

やっぱり「地盤」は大切だなぁ。 「地盤改良」で救われるなぁ。 と感じ入り認識を新たに致しました。

実は動画でも撮りましたので、今後私が会うお客様には必ずお見せし、地盤の大切さを

お話させていただこうとココロに決めました!ご覧になりたい方は是非お問合せ下さい! (8787)

 

地盤を調査、改良して家をしっかり支える基礎技術本部です

伊田テクノスには「傾かない家づくり」をテーマに仕事をしている部門があります。十数年前に首都圏の造成宅地で家が傾く事件が多発して、住宅の品質確保に関する法律(品確法)が平成12年に施行され一戸建て住宅でも地盤に対する調査や対策が普通に行われるようになってきました。伊田テクノスでは平成8年より基礎技術部門を立ち上げ住宅地盤事業に取り組んでまいりました。今では関東全域と東海地方に6営業所を展開して年間約3000棟の地盤改良工事と約10000棟の地盤調査を行っています。埼玉県の地盤についても数万点の地盤調査データがありますのでご相談いただければ地域ごとの地盤状況のおおよその把握がすぐにできます。住宅計画の最初にチェックをしなければならない地盤について簡単に対応できるので、住宅部にとっては頼もしい部隊です。

その基礎技術本部に先月、最新の地盤改良機が導入されて建築部の現場に入りました。改良径800mm〜1300mmの大口径に対応する大型改良機です。戸建住宅の改良では改良径400mm〜600mmが一般的で、現在はこのクラスの機械が35台稼動していましす。新しく導入した改良機は工場やマンションなどの中規模建造物の地盤改良を目的に、基礎技術本部の市場拡大を目指したものです。

建物をしっかり支える地盤を造る基礎技術本部の機械の写真です。

現在活躍中の地盤改良機 

kikaizennbu.JPG

新規に導入した大型改良機

IMG_1714.JPG IMG_1713.JPG

 

 

埼玉県東松山市の伊田テクノス|高気密・高断熱を実現した注文住宅

伊田テクノス株式会社

伊田テクノス株式会社

埼玉県東松山市松本町2丁目1番1号
TEL:0120-401-291
営業時間:8:30〜17:30