埼玉県東松山市の伊田テクノス|ひたすらの家スタッフブログ

  • 伊田テクノスについて
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

0120-401-291 【営業時間】8:30〜17:30

「見える!液状化!!」

今日は久喜市内にて完成見学会を開催しました。

久喜市は、昨年の東日本大震災での埼玉県内唯一「被災地指定」された市町村です。

そんなこともあってわが社の地盤のプロ「基礎技術本部」の方に見学会のお手伝いをいただき、

なんと! TVで繰り返し放送された地盤の「液状化」のデモンストレーションをする、お手製装置を

持参いただきました。 私ももちろん見させもらいましたが、これがすごい!!

誰が見ても、理屈抜きで、一発で「液状化」がわかる(=見える)のです。

あまりに感動したので、写真を撮影し「製作者」の宮下氏に断りブログに載せさせていただきます。

 

     「装置全体」:右横からバイブレーターを差し込み、「地震」を起こします。

     家(赤色)・電柱(家の左の銀色ボルト)・マンホール(緑色。見えない。)をセット

                              ↓

P1010833.JPG   「地震前」:家も電柱も真っ直ぐ立ってます。 マンホールは家の左辺りの地中に埋めました。

                             ↓

P1010837.JPG ( 「地震発生!」:バイブレーターのスイッチON!) 

 「地震後」:地中の水が地表面に溢れ出し家も電柱も傾き、マンホールは地表に姿を現しました。

                              ↓         

P1010838.JPG 「地盤改良」:写真に取り忘れましたが、シャベルの上にある四角いモノが改良体です。 

         改良体を地中に埋めて同様に地震を起こしても家はまったく傾きません!

 

やっぱり「地盤」は大切だなぁ。 「地盤改良」で救われるなぁ。 と感じ入り認識を新たに致しました。

実は動画でも撮りましたので、今後私が会うお客様には必ずお見せし、地盤の大切さを

お話させていただこうとココロに決めました!ご覧になりたい方は是非お問合せ下さい! (8787)

 

栃ノ木(とちのき)

我が家のリフォームが完了し、懐かしく思い出させてくれたり、私なりに工夫を加えた

『栃の木』の話をご紹介します。

まずは、玄関の式台です。

吉見町のT材木店の社長より、仕舞っておいたいい板材があるので改修祝いにとご提案頂きました。

厚35mm位、幅350mm位、長さ2000mm位の『栃ノ木』です。

 

『栃ノ木』といえば・・・

私の実家(山形県の町)の同級生の家で『とち餅』を売っているお店がありました。

もう、50年位前の話です。

山形県は、どの町にも温泉が湧き、私の故郷も昔からの温泉街のある町です。

夏は日本海の夕陽をながめながら大岩や磯辺でカッコつけて歌ったものでした。 ♬ ♪・・・・

同級生の女の子の店の『とち餅』は数軒ある菓子餅屋の中でも一番おいしいものでした。

琥珀色の餅の中はあんこが良い塩梅に入っています。

ぺったんペッタンと人力で突いた餅はそれはそれは少年にとって美味しいものでした。

この餅の色合い、風味に『栃ノ木の実』が使われていたのでしょうか?

お寺の拍子木にもこの木が使われていたと思います。

 

そんなことを思い起こさせてくれる『栃の木』。 我が家にもこうしてやってきました。

式台はお義母さんに優しく床から180mmの高さに据え、さらに上り框は+120mmに。

併せて東側には斜めに木製手摺りをつけました。

『栃ノ木』の式台は少し白っぽい木目の詰まったものです。 古い付き合いのH塗装工業さんに

クリア仕上げで丁寧に塗装してもらいました。

 

そして、端っこの残りはもったいないので、なんと「表札」にしました。

本当は自分で彫刻すれば良いのですが、材料が良いだけに、ここはプロにお願いしました。

私の実印を造って頂いた市内のN工房さんです。

私は紙やすりで一生懸命磨き上げ、ニスを2回丁寧に塗り、Y電設さんに上手く取付けて頂きました。

 いかがでしょうか? 

  20122020utide065.jpg

20120315utida003.jpg 

   

 

HABITAのレストラン

構造材現しHABITAのレストランが間もなく開店です。

深谷市北根地内にHABITAの構造材で造りましたレストランが開店します。

オーナーシェフは山形県出身の方で、偶然にも私も同郷です。

企画設計の段階では23回以上も図面、その他でシュミレーションしました。

大手電機メーカーのOBの方で、とても研究熱心な方です。

そして調理士免許の取得、・・・・・までも。

建築中はご夫妻で仲良く木材の塗装をしていらっしゃいました。

オーナー様のご依頼のポイントは、コストは最大効果が出る様に・・・・・と。

木の良さ、味わい・・・・・など、一番のことがらでした。

HABITAの家づくりは、国産杉材を大断面に加工し頑丈な金物工法で緊結する、

古民家に習った構造体現しの工法です。

オーナー様にも、とても気に入っていただきました。

場所は、国道140号から少し入ったところ。 小さくてもお洒落なレストランです。

皆さまも、ぜひ一度行ってみてください。 (ナビ検索:深谷市北根136 です。)

 

 

DSC00016.JPG 

 

築100年

今、リフォーム工事をしているお宅はなんと築100年です。up

大きな梁(はり)と太い柱で頑丈にできているからこそ何年経っても建ち続ける事ができています。

木の存在感は圧巻でしたsign01

昔の家造りはすごいなぁ・・・。

そして、自分がご提案しているHABITAの家づくりがこういった古民家に習った家なんだなぁ・・・。

改めて感じ、その頑丈さを目の当たりにしたお宅でした。

IMG_0406.JPG    

我が家の節電・・(省エネか?)生活

私は営業の大沢と申します。

深谷市にてHABITAで自宅を建てて、2年が経ちました。

今日は我が家の1月6日〜2月5日(1ケ月間・電化上手・オール電化)の電気使用量を発表します!

身近で「使用金額が少ないねぇ!」と評判なので省エネかなと思い、検針票を見てみました。

 昼間・・7kwh    (28.28円) = 197.96円

 朝晩・・139kwh  (23.13円) =3215.07円

 夜間・・328kwh  (9.17円)  =3007.76円  

家族は、夫婦2人+たまに泊まる2人の4人です。

これが、我が家の冬の光熱費です。夜間使用量が多いのが良いようです。

それと奥さんが頑張ってくれてます。(「まあまあかなぁ」・・奥さん談)

太陽光発電をHABITAの大きな屋根に採用できたことと、太陽光発電を乗せたおかげで、

奥さんの省エネ意識が高まったことも幸いしていると思います。 

ご計画をお考えの方に我家に来てもらって太陽光発電や省エネ談議をしてみたいと思っています!  

 

次回も省エネ生活について色々書きたいと思いますのでをお楽しみに・・・・。

                                      省エネより地球エコを目指す 大沢

 

CIMG374-25.JPG

 

 

 

 

 

埼玉県東松山市の伊田テクノス|高気密・高断熱を実現した注文住宅

伊田テクノス株式会社

伊田テクノス株式会社

埼玉県東松山市松本町2丁目1番1号
TEL:0120-401-291
営業時間:8:30〜17:30