埼玉県東松山市の伊田テクノス|ひたすらの家スタッフブログ

  • 伊田テクノスについて
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

0120-401-291 【営業時間】8:30〜17:30

会社の緑のカーテン 今年は朝顔とゴーヤです

今年で緑のカーテンプロジェクも3年目になります。昨年はすべて琉球朝顔で作りましたが、今年がゴーヤが食べたいという意見が出て、半分をゴーヤで作ることにしました。メンバーが2種類のゴーヤの苗を、花壇を耕し肥料を入れて植え込みました。この夏の緑の涼しさとゴーヤチャンプルに期待をしたいと思います。おまけにその隣にトマト苗も植えてありました。これもまた楽しみです。

本社ビル南側の花壇

IMG_2767.JPG

2年前から残っている琉球朝顔

IMG_2764.JPG

おまけのトマトと2種類のゴーヤ10本

IMG_2766.JPG                          IMG_2765.JPG

小川HABITAの 緑のカーテン

今年は早めに「緑のカーテン」の準備を始めました。 連休中に植えたごうやの苗も50〜60cmほどに生長し、風や寒さ養生の袋を外してネットを取り付けました。今回は植えつける10日ほど前に土に石灰と肥料を加え準備してせいか、昨年以上に生長がいい感じです。

この夏の節電目標15%を我が家でも達成できるように今から家族みんなで話し合って準備していきたいと思っています。

IMG_2762.JPG

 

地震で起きた液状化現象の被害観察レポート

東北関東大震災で各地に起きた液状化現象がニュースで大きく取り上げられ、千葉の舞浜、北茨城、埼玉では南栗橋など各地で液状化の大きな被害が報告されています。先月、茨城県の神栖市の液状化の現場を見てきました。伊田テクノス基礎技術本部で地盤補強をさせていただいたお宅の状況を点検することが大きな目的でした。広い範囲で砂と水が噴き上がり、電柱が傾き、2m以上沈み込んでいる何ともひどい状態になっていました。

液状化で噴き上げた水と砂、傾いた建物

ekijouka3.jpg

伊田テクノスで基礎地盤を柱状改良(セミパイル)を施工したお宅の状況は建物の周りの地盤が液状化で50cm程下がってしまい水道、下水などのライフラインは破壊されていましたが、建物は柱状改良体(セミパイル)に支えられてほぼ水平を保っていました。改良体(セミパイル)と家が地面から飛び出したような形で見えていました。

地盤改良の効果がはっきり見える事例として紹介させたいただきます。砂地盤での家づくりには液状化対策としてこのような地盤改良が有効であることしっかりと啓蒙していこうと思います。

家の周りの地盤が下がってしまった状況

ekijouka1.jpg

家を改良体(セミパイル)が支えている状況

ekijouka2.jpg

今年の夏の省エネのために、緑のカーテンの準備を始めました

今年の夏の省エネ目標15%は停電回避のために、何としても国民全体でやらなければいけない重要な行動目標です。特に日中のエアコン使用の節約が一番大切なテーマです。昨年のような猛暑時にもし停電にでもなれば、昨年以上の熱中症の死者が出るかもしれません。誰でも簡単にできて昔ながらの涼しさを味わえる、よしずや緑のカーテンを活用しましょう。

会社の各拠点では5月中旬ころから準備を開始する予定です。家では今年もごうやの苗を買ってきて庭に植え付けました。皆さんの家でも今年は是非とも緑のカーテンにチャレンジしてみてください。

昨年の緑のカーテン

IMGP2145.JPG

日本復興のために自分にできるエネルギー対策

震災の復旧復興は日本人の国民全体の義務であり目標であることをひしひしと感じざるを得ません。これまでの日本人の生活を支えてくれた電気エネルギーを私たちはただ使うだけの視点からしか考えていなかったことに反省させられます。今の福島の人たちの原発事故の悲劇を思う時に地震国日本で原発に頼ることは間違いであったことを強く思います。近い将来必ず来る東海、東南海、南海大地震のことを考えれば西日本の原発も同じことが起きます。そうなる前に何としても原発に頼らない方向性を作っていく必要があります。

今、自分に何ができるだろう?と考えたとき早く行動しなくてはという思いから太陽光発電を屋根に取り付けることを決断しました。資金の手当ては武蔵野銀行のリフォームローンを使って工事をしました。この意見に共感してくれた友人二人も一緒に太陽光発電所に自宅をしてくれました。仲間の連帯感をとても嬉しく思います。

工事中の小川HABITA

IMG_2742.JPG

埼玉県東松山市の伊田テクノス|高気密・高断熱を実現した注文住宅

伊田テクノス株式会社

伊田テクノス株式会社

埼玉県東松山市松本町2丁目1番1号
TEL:0120-401-291
営業時間:8:30〜17:30